男性同士の恋愛は美しい!?

ヒ・ミ・ツの趣味…
代金を頂く際は、みつ井旅館 支払い方法は全て現金のみとなっております。 クレジットカードなどは受け付けておりませんので、ご宿泊の際は現金の用意を忘れないようお願い申し上げます。
2次元恋愛続行中!
画像

世界的に見るBLの立ち位置

日本以外での同性恋愛作品の扱われ方

日本では作品として受け入れられている事を考えると、今では恐ろしいまでに浸透しているBL業界だが、世界的に見たときどういう風な立ち位置になるのだろうか。現実的な同性愛者に対しての対応に関してはヨーロッパ地方が特に法律面に関しても、同性同士の結婚を認めている国も誕生してきている。その中において同姓同士の恋愛作品に関してどのように見られているのか、気になりませんか?ということで、今回が男性同士の恋愛に着眼しているので、それに傾倒しつつ話をしていこう。

欧米文化においては、日本文化でのやおいと同様と見られている男性同姓恋愛関係を描いた二次創作として『スラッシュ』というものがある。このスラッシュで一番有名なのはアメリカのテレビドラマ『スターとれっく』に登場するジェームズ・T・カークとスポックを題材にした二次創作がK/Sフィクションとして知られているのは一番有名な作品となっている。このことについてSF評論家の小谷真理さんは、スラッシュ文化と日本文化のやおい文化には多くの共通点が存在していると述べたそうです。

どんなことが共通点と仕上げられているのかということになるが、代表的な共通点としては愛好しているのが女性を大半が占めているということだ。中には男性も存在しているが、割合的なことを考えると一部の人口と考えられている見られるだろう。次にその共通点として挙げられるのは作中・もしくは業界において専門用語が沢山存在しているということだ。また、その創作品の流通ルートが確立しているというところだろう。こういった作品の場合は基本的に大手でもない限り一般的な流通では出回らなかったりするので、作品を入手したい場合にはそういった特殊なルートを経由して手に入れなければならない。

また先ほど描いたスターとれっくは、宇宙船を舞台としたスペースオペラとなっているが、日本のやおい文化の誕生する背景となった24年組の少女漫画作品にもSF的な設定が用いられているということもある。このことについては、関連のない事柄に対して科学的な関係性を浮かび上がらせる『SF的想像力』が、ストーリー上の些細な点から登場人物の2人の男性に対して同性愛関係を読み込む『やおい的想像力』と符合しているだろうと、小谷真理さんは述べている。確かにそう考えると二次作品に関してはほとんど元となっている作品の状況をかなり捻じ曲げて作られているので、想像力でそういった関係を妄想することこそが生きがいという風に考えることこそ、パロディ同人誌の活力となっている。妄想とは素晴らしい、ということだ。

もう、2次元でしか恋せないっ

欧米諸国への浸透

今では漫画・アニメ大国として知られている日本のサブカルチャー文化だが、その中にはやおい文化も混ざっており、欧米諸国には1990年代末から2000年頃から文化が広がりを見せていた。この背景には欧米諸国の女性たちに共通していていえたことが『漫画を読む習慣がない』ということだった。男性が読むことはあっても女性が漫画を愛読しているのは文化的に見てもかなり稀なことだとみなされていたので、当時だけでなく欧米人からすれば日本の女性たちが漫画を読んでいる姿は相当異色だったことに違いない。

文化が知られるようになって女性が漫画を呼んでもおかしくないとみなされるようになり、やがて定着していくように根を張っていく。更にインターネットの急速的に普及によって公式には輸入されていない作品の情報を用意にアクセスして入手することが出来たことも、時代に背景を考えると便利になったものだ。オタク文化を愛している人からすれば、日本から放たれる情報を入手するにはインターネットは最大の情報ツールとして活用されているのだろう。

またアメリカ合衆国では、2000年にて機動戦士ガンダムシリーズの人気作『新機動戦記ガンダムW』が放送されたことをきっかけにしてファンが増加の一途を辿るようになっていき、翌年にはやおいをテーマとしたコンベンションであるYaoi-Conが開催されたことで、更にそのニーズを上げていくことになるのだった。

更に2003年からは『FAKE』・『グラビテーション』などの作品を皮切りにして日本の商業ボーイズラブ漫画がアメリカに輸入されて、当初の予想以上に売れ行きを記録することになるのだった。州によっては性差別という言葉があまり見られないアメリカならではの背景なのかもしれないが、さらに2006年から2007年にはアメリカの漫画市場で安定したヒットを維持しているジャンルとして各種メディアでやおいが取り上げられるようになるなど、やおい文化が世界で飛躍的に活躍し始めるようになった。

一方で漫画は子供が読むものだという社会通念の存在するアメリカにおいては、若年の登場人物同士による同性愛描写などが問題視されるようになっていき、ついには警察の介入でボーイズラブ系サイトが閉鎖に追い込まれてしまったり、大手スーパーマーケットのウォールマーケットがボーイズラブ系の作品を取扱わないことを宣言するなどの動きも見られるようになった。

また専門用語として存在しているやおいとボーイズラブの区別に関しても、日本のように細かに分類する風習は存在しておらず、総称してBL・Yaoiと呼んでいる。攻守関係という『攻め』・『受け』といった用語も英語独自の言葉に翻訳されることもなく、そのままローマ字表記したものを採用している。

現在の動向としても、日本や欧米に留まらず、アジアや中南米を含めて、メディア発達とフェミニズム運動を経験した地域においてやおいと同等のサブカルチャーが分布しているなど、日本から放たれたBL業界はあっという間に世界各地に広がりを見せるようになった。中には宗教上の関係から同性愛を強く禁止している国もあるので、そういった国でもしこのような作品を持ち込もうなら、一体何をされるか分からないので逆に恐ろしくなる。まだどちらかといえば寛容に受け入れられているが、もし反社会体制としてみなされてしまった場合には、文化そのものの存続に関わる一大事になりかねないので、世界中に文化を広めるという意味ではまだまだ実現するには問題が溜まっていると考えて良いだろう。<

腐女子マンセー!!!    たくさん探したけれど、なかなかいい土地の川口市が見つからない。 そんな悩みを聞くこともあります。土地探しでお困りでしたらぜひ一度エステート白馬さいたま南店までご相談ください。