男性同士の恋愛は美しい!?

ヒ・ミ・ツの趣味…
2次元恋愛続行中!
あなたの住みたいが実現する一軒をご紹介します。 大阪市平野区 中古一戸建てはハウジングネットワークまでお気軽にどうぞ。 他にも新築戸建て・中古マンションなども取り扱っております。
画像

『やおい』と『ボーイズラブ』の違い

別物なんです

さて、やおいという言葉ですが、そのほかに男性同士の恋愛を描いている表現の言葉としては他に『ボーイズラブ』という言葉が存在している。どちらも確かに同様に男性同士の恋愛模様を描いていることに変わりはないのだが、その使い方は詳細単位で異なっていることをご存知でしょうか?

一般的に言われている違いとしては、オリジナルか二次創作品かの違いということだろう。また商業誌として出版されている作品に関しては全てボーイズラブという言葉が使用されており、やおいという言葉はほとんど利用されている機会はない。やおいという言葉に根付いているネガティブなイメージのこともあるため、売り出している作品にネガティブなイメージをつけるようなことをしては、やはり売上に少しでも左右されてしまうこともあるため、ボーイズラブ作品という分類分けされている。

やおいとボーイズラブの両方を愛している人も中にはいるが、中にはボーイズラブの商業誌は読まないけどやおいの同人誌は読んでいる、もしくはその逆パターンもあるなど、その人の好みにもよりけりだが、作品に対してのこだわりということを考えるとその違いは明確に線引きされているとみなして問題ない。

ボーイズラブとは和製英語

ボーイズラブという言葉が普及しているが、この言葉は日本で作られた和製英語の一つで『少年愛』という言葉を英語に置き換えたときに誕生した言葉となっている。1990年代中頃から使われているので、やはり間の楔の事を考えるとこの当時がBLというジャンルがその勢いを増すことになっていくということが顕著に出ているというところだ。元々のことは先ほどの事を考えると商業オリジナル作品を指す言葉となっていたが、名称が広まったこともあり業種やジャンルによらず使われるようになっていった。

具体的にボーイズラブという言葉が指すのは、少年愛・ショタコン・やおい・JUNEなどを意味している。もっと細かく意味を分けるとすると、少年愛とショタコンに関しては『少年に対する愛情・思考そのものを意味している』ことを指しており、やおい・JUNEは『愛情などの思考を持った多くの場合性行為を伴う少年同士の関係に主眼をおいている創作物』というジャンルに区分けしているとしている。主にボーイズラブという言葉は後者を意味しており、その過激な性描写を描いている内容となっている。

もう、2次元でしか恋せないっ

性質は同じ系統、問題は使い方

さて、ここからは個人的に意見を書かせていただきます。やおいとボーイズラブということを考えたらやおいに関しては前項で書いたこととほとんど変わらないので、その点に関してはいいとしても、ボーイズラブに関して語るなら、前述にも書いたように『少年』というくくりでの恋愛模様を指していると考えている。何が違うのかということだが、やはり登場人物達の年齢によってその作品がボーイズラブなのかどうかということを考えている。

私が考えているボーイズラブの世代としては大体10代の少年達、特に高校生くらいのことを指していると考えています。これも細かく線引きするのは難しいかもしれないが、年齢的に考えると高校生くらいの少年達の恋愛がボーイズラブ、ということになるだろうと考えている。

中学生でもボーイズラブになるのでは、という意見が聞こえてきそうだが中学生となると私からすればその域では『ショタコン』とみなしてしまう。確かに成長期としては間違っていないかもしれないが取り上げられている作品見てみると、登場人物を見てみると中学生には見えないくらい若く描かれてしまっているので、どうしてもショタコン作品と思ってしまう。これについての意見は非常に反感を買うことになるかもしれないが、このことに関しては個人的な観念ということなので大目に見てもらいたい。

そして20代以上の年齢ともなればやおいという言葉を使うことになり、その上になると『ゲイ』という言葉を使って表現する方が適切なのでは、と考えている。オリジナルでも二次でも30代のおっさん同士の恋愛模様を描いている作品が世に出ていることを考えると、そんな作品にボーイズラブというジャンルを当てはめるのはお門違い過ぎると考えている。もはや完全に成熟しきっている男同士の恋愛模様をボーイズという表現をするにはかなりおこがましいと考えているので、ご理解頂きたい。

こう見ると男性同士の恋愛模様を描いていることを考えたらその性質についてはほとんど異なっている点はないと考えている。要は作品に登場している人間達は一体どの年齢層を採用して物語を展開しているところで、作品に対する呼び方を決めるのが一般的ではないだろうか。只中には本当に区別するのは難しい作品もある、それは年の差をテーマにした作品についてだ。この場合個人的に区別するときが本当に苦労する。その作品において主人公とする存在が一体どちらに主眼においているのかどうかということを考えて、区分わけをしている。以前そういった作品を扱っているお店で働いていたこともあったので、ジャンルについて求められたときにはそういう風にして説明を行なっていたが、正しい説明の仕方だったということはまずない。あくまで私が考えている男同士の恋愛模様という点を考えたときの分け方としてみているので、個人的な意見として述べておく。

腐女子マンセー!!!